CATEGORY

スイーツ

絶対に外さない手土産はこれ!芸能人御用達【神楽坂 ル コキヤージュ】の「テリーヌ ドゥ ショコラ」を口コミレポート

神楽坂のフレンチカフェレストラン“ル コキヤージュ”でオーダー率50%超の人気スイーツ“テリーヌ ドゥ ショコラ” 意外と悩む手土産にも、これを選べば間違いなしの贅沢なスイーツです。 今は、有名なお菓子が全国どこでも買えてしまう時代ですが、この「テリーヌ ドゥ ショコラ」に限っては他では買うことができないのも魅力の1つ! 母の日、結婚祝い、出産祝いのお返し、いわゆる内祝いやお中元、お歳暮などに、絶 […]

京都【伊藤久右衛門】抹茶パフェアイスバーや絶品抹茶スイーツが楽しめるお取り寄せを口コミレビュー!

京都にある創業天保3年、京都宇治の老舗のお茶屋さん「伊藤久右衛門」。 京都に行ったら必ず寄りたい人気の和菓子屋さんです。   ひきたての宇治の抹茶をつかったつるんとした寒天や、丹波大納言小豆などの素材を厳選して手作りされたこだわりの抹茶スイーツが大人気。 美味しい&インスタ映えするとってもかわいいスイーツはテレビや雑誌でも話題です。 そんな「伊藤久右衛門」のできたてスイーツ、公式オンライ […]

ヒルトンのバナナブレッド

新宿高島屋の地下食料品フロアで運よく見つけた、ヒルトンのバナナブレッド。 人気なので、なかなか手に入りません。 1本¥1250円(税込) ハーフでも売っています。   ずっしりと重くて、貫禄のあるバナナブレッド。 暖めると、ふわっと軽くなるのもまた美味しいのですが、 冷やしてたべても絶品です。 冷蔵庫に入れてもパサパサにはなりません。   ホイップをのせれば完璧です。 甘さが控 […]

東京土産におすすめ!【新宿伊勢丹 ノワ・ドゥ・ブール】のフィナンシェ

東京のお土産に喜ばれることまちがい間違いなし!の【ノワ・ドゥ・ブール】をご紹介します。 東京のデパ地下で、ここでしか買えないもの!って意外と少ないのですが、 【noix(ノワ) de(ドゥ) beurre(ブール)】の焼き菓子が買えるのは、新宿伊勢丹と日本橋三越、銀座三越の3店舗。 焼き立てのフィナンシェやマドレーヌは絶品。 喜ばれること間違いなしのスイーツです。 >>ノワ・ドゥ・ブール *【ノワ […]

Hanakoの鎌倉特集掲載!「クルミッ子」をお取り寄せ

鎌倉で大人気のお菓子、鎌倉紅谷さんのクルミッ子! 6/7発売のHanako鎌倉特集にも「クルミッ子」が掲載されていました! 紅谷本店は鎌倉の観光名所、「鶴岡八幡宮」の前にお店を構えている昭和29年創業のお菓子屋さんです。 可愛いリスのキャラクターが目印! バターの生地の間に、キャラメルに絡まったクルミがぎっしり。 しっとりした生地と、サンドしてあるクルミキャラメルの食感が絶妙にマッチします。 ちょ […]

エルダーフラワーシロップ&アガーで作る【フルーツジュレ】簡単レシピ!

プルプルのフルーツジュレを作ってみました。 エルダーフラワーのシロップとアガーを使って、甘さ控えめの爽やかなプルプルジュレが簡単につくれます。 作り方 アガー大さじ2と砂糖40gをまぜておく。 水500cc・エルダーフラワーシロップ100cc・レモン汁小さじ1にアガーと砂糖を混ぜたものを加えて混ぜ、80℃まで温めて溶かし、火からおろす。 ボールに移しかえて粗熱をとったら冷蔵庫へ。 固まったら、フォ […]

北海道の銘菓 千秋庵「月の石」

北海道の銘菓、千秋庵「月の石」を見つけました! 千秋庵といえば、ノースマンやバター飴が有名な名店です。 月の石は、今回、初めて知りました!     おやつにちょうど良い大きさ! まわりのホワイトチョコがパリパリで、中にサンドしてあるブラックベリージャムのほんのりした酸味が合います。   北海道物産展では、あまりみかけない「月の石」   千秋庵のオンラインショ […]

東京のおすすめ手土産 吉祥寺「小ざさ」の最中

手土産用におすすめ、吉祥寺の「小ざさ(おざさ)」の最中を紹介します。 まぼろしの羊羹 「小ざさ」は「羊羹」と「もなか」のみを販売している和菓子屋さんです。 「まぼろしの羊羹」を求めて、早朝というか夜明け前から列ができる有名店で、テレビや雑誌にも取り上げられています。 メンチカツで行列のお肉屋さん「さとう」の隣にこじんまりとした店舗を構えています。 我が家も、1度だけ、朝の6時前から並んで「幻の羊羹 […]

マヌカハニーで受験生のインフル対策!

【マヌカハニー】 毎晩、このマヌカハニーをスプーンに少しだけ、のどに違和感を感じたら、一日にちょこちょことなめます。 (1日ティースプーン一杯が目安とあります) とっても濃厚です! ただし!!! 〈*1歳未満の乳幼児には、はちみつを食べさせないでください。 はちみつには、稀にボツリヌス菌が混入している危険があり、腸内細菌叢の発達が未熟な1歳未満の乳児ではボツリヌス菌芽胞が腸内で発芽・増殖し、毒素を […]