料理界の重鎮・服部先生×門上さんコラボの和洋風二段おせちがすごい!

おせち

2019年の新春おせちに、日本の料理界に君臨するお二方、服部幸應先生と門上武司さん監修の【伝統と革新の饗宴おせち】が大丸・松坂屋のおせちに初登場しました。

 


公式サイト>>大丸・松坂屋のおせち

 

【伝統と革新の饗宴おせち】

 

料理研究家・服部先生は、産地にこだわり素材を厳選した、和の伝統おせち一の重。


あまから手帳編集顧問・門上武司さんが監修した二の重は、遊び心満載のアイデア料理がつまった新感覚なおせちです。

和風・洋風どちらも食べたいという方にはぴったりのおせちです。

 

試食しました!

服部先生のこだわり

一流料亭で使われる産地限定の素材が使われています!
丹波黒豆煮
服部先生の強い思いで実現したという産地直送の丹波の黒豆
粒が大きく、うま味が違います

丹波栗渋皮煮


丹波産の2Lサイズの栗を使用しているそうです。
大きいので存在感あります。
渋皮煮ってつくるのはとっても手間がかかるのですが、美味しいです。

高千穂郷産どんこ大葉しいたけ旨煮


肉厚でうま味がたっぷりの高千穂郷産の干し椎茸が、とても美味しく煮含めてあります。

キングサーモン味噌漬


とくに工夫をこらしたというキングサーモンの味噌漬。
時間がたっても美味しく食べられるように、試行錯誤を繰り返して出来上がった一品です。

 

門上さんの遊び心

プライムローストビーフ
筍やパプリカと合わせた角切りのローストビーフが見た目にも新鮮です。
別添えのオリエンタルソースをかけていただくので、味にひろがりが生まれます。

鮑・海老・子イカ


真ん中にドーンと置かれた活け鮑をつかった海鮮です。
やっぱり鮑があると、華やかになります。
別添えのブイヤベースソースを絡めていただくと、おいしさが倍増します。

チキントマト トリュフオムレツ
別添えのトリュフソースがついています。
あまりおせちでは見たことのない一品。
トリュフ風味のトマトシチューのような味わいです。

麻婆料理
とくにこだわって作られたという冷めても美味しくいただける、湯葉と生麩を使った麻婆料理です。
アクセントの山椒が、ぴりっと効いていて美味しいです。
伝統のおせちにはない斬新な味なので、おせちを飽きずに楽しむことができると思います。

 

お値段

服部幸應×門上武司監修 伝統と革新の饗宴おせち
【大丸・松坂屋特別企画】和・洋風 二段(4人用)

税込 30,000 円 (本体価格 27,778 円)

厳選された素材を使っているので、売り切れてしまわないうちに。

気になる方はチェックしてみてくださいね!

公式サイトから予約できます

>>【大丸・松坂屋特別企画】和・洋風 二段(4人用) 税込 30,000 円 (本体価格 27,778 円)

 

日本料理界の重鎮 服部×門上

 


服部幸應先生
料理研究家・服部栄養専門学校校長
医学博士・和食親善大使。食育の発案者として、食育を通じた安全、安心、健康の推進活動に取り組んでおられます。

門上武司さん
フードコラムニストというポジションにとどまらず、編集者、コメンテーター、プロデューサーとしても活躍。
食雑誌「あまから手帳」編集顧問、一般社団法人全日本・食学会理事、関西食文化研究会コアメンバーなどを務め、日本の食文化向上に貢献されています。