切れ味の違いで味も変わる!*アイロンクラッド*包丁職人柴田さんの文化包丁が欲しい☆甲鉄 文化包丁@ナイフ・ギャラリー

未分類

たまたま見ていた羽鳥さんのモーニングショーで、すごい包丁職人 柴田さんの包丁が紹介されていました!

f:id:fujisan606:20180626095212j:plain

驚きの切れ味です

トマトが手を添えずにすーっと薄く切れます

包丁の切れ味が良いと、切った断面の細胞が壊れないために、食材の旨味が逃げず、苦みやえぐみ、雑味がでず、美味しさがUPするのだそうです

f:id:fujisan606:20180626104857j:plain

私は少し前に、あまりにも包丁の切れ味が悪くなって、買い替えたのですが、

変えただけで料理の負担が半減どころか、ストレスがほぼなくなりました

包丁ってとっても大切な道具ですよね

 

柴田さんが試行錯誤で生み出した包丁は、

刃先がとても薄く研がれていて、食材がくっつかないように断面を細かいザラザラに仕上げているということです

日本の素晴らしい伝統技術を守るために包丁の道に進まれたという柴田さん

1日に1~2本しか生産できない手作りの包丁です

テレビで紹介されていたのは、アイロンクラッドの「甲鉄 文化包丁」

3カ月待ちだそうです

お値段は2万円台

柴田さんのHP「ナイフ・ギャラリー」でみることができます

knife-gallery.com

甲鉄~Kotetsu~ 文化包丁(180mm)

26,300円(内税)

*2万円以上で送料。代引き手数料が無料になります

*問い合わせフォームからメールで予約できます

テレビでは3か月待ちでしたけど、4カ月待ちになってました

*予約をすると、確認メールが送られてきます 出来上がり次第、送ってくださるそうです・・・

待っているのも楽しいですよね

ナイフ・ギャラリーには柴田さんの包丁だけでなく、鍛冶職人さんが1本ずつ丹精込めて作った包丁やナイフを販売しています

>>伝統の打刃物をお届けする「ナイフ・ギャラリー」